研究者渡航費補助

樺太連盟では、樺太の名称と歴史を後世に残すことを目的として、樺太の研究のために樺太(サハリン)現地に渡航する学生・研究者に対して渡航・研究費の一部を補助する事業を開始します。
日本国内在住者で樺太を対象に研究活動を行っている学生および研究者であって、当該の研究のために樺太(サハリン)現地に渡航を計画されている方を対象とします。

応募要領は下記の通りです。

             応 募 要 領

1.補助の目的
 ・樺太の研究のために樺太(サハリン)現地に渡航する学生・研究者に対して渡航・研究費の一部を補助し、樺太の名称と歴史を後世に残すことを目的としています。

2.補助の対象
 ・日本国内在住者で樺太を対象に研究活動を行っている学生および研究者であって、当該の研究のために樺太現地に渡航を計画されている方。
 ・樺太に渡航し、現地で調査・研究活動を行うに必要なロシア語の能力を有する方。
 ・単独で渡航・研究されるケースの他、サハリンで開かれる樺太時代の文化・学術行事に参加され、その結果が印刷公表されるケースなど、樺太の名称と歴史を後世に残すに資する目的に適うケースであれば補助の対象となります。
 国籍は問いません。
 *サハリンに渡航するに当たって、観光ビザであるか又はその他の方法で取得するビザであるかは問いませんが、島内で自由に行動できるビザであることが望ましい。

3.補助の内容
 ・千歳又は成田からユージノサハリンスクまでの往復航空賃および宿泊費に相当する額を定額10万円を補助する。
 ・渡航期間は毎年4月1日から翌年3月10日とする。
 ・単年度3名程度を対象とする。
 
4.補助金応募方法
(1)申請
 ・指定の申請書に必要な書類を添付して当連盟に郵送または持参すること

(2)必要書類
 ・研究全体計画書
 ・研究渡航計画書
 ・これまでの研究の成果を証明できる資料
 (学生の場合には研究室の指導教官の推薦書)
 ・住民票
 (学生の場合は在学証明書)

(3)締め切り日
 ・毎年2月28日必着

5.選考方法・選考結果
 ・樺太連盟外の学識経験者を含む審査委員会で、厳正に審査・選考し、決定します。(毎年3月中旬予定)
 ・審査・選考結果は毎年3月25日頃に、各応募者に直接通知いたします。

6.補助金交付・報告・補助金精算
 ・選考された方には、研究者渡航補助契約を締結し、指定のゆうちょ銀行に仮払金として補助金の半額5万円を振り込む。
 ・翌年3月10日頃までに、渡航費用明細書、領収書、説明書(申請時に提出した計画書と異なった場合)を提出して頂くとともに、研究の成果または経過を報告して頂きます。
 ・費用明細書、領収書、報告書等の適否を精査後に、追加補助または補助金の一部返還の必要があれば、その旨を通知致します。
 ・研究成果の発表は自由。ただし、研究成果を学術雑誌等に投稿される場合には、当連盟の補助について、謝辞・アクノリッジメントに記載することをお願い致します。

7.事後評価
・補助対象者は樺太連盟のワークショップにおいて研究の成果または経過の報告をしていただき、参加者との質疑応答、意見交換を行います。ワークショップの内容は、樺太連盟のホームページおよび樺太連盟の機関誌で樺連情報に掲載し、一般公開します。
・樺太に関わる優秀な研究成果に対しては、理事会の決定により研究論文執筆補助の一環としての研究奨励金を贈ります。

8.申請書用紙請求先および問合せ先
       一般社団法人 全国樺太連盟 担当:辻 力
       Tel:03-3583-0409 E-mail:kabaren@io.ocn.ne.jp

  

故郷樺太慰霊墓参団

連盟支部及び登録協調団体並びに支部・団体に所属していない連盟会員が、慰霊墓参団を組織する場合に、墓参団に対して次の助成を併せておこないます。

    ◇渡航費助成
           4,000円(参加連盟会員一人当り)
    ◇献花代・お土産代
          15,000円

支部長、協調団体長は、連盟会長宛の助成申請書に参加の連盟会員名簿と渡航計画書を添付して渡航開始日の2週間前に連盟本部に到着するようにお送りください。

  根拠:会員福利厚生対策要綱(平成25年6月1日改正版)

樺連情報紙投稿

     対象 会員・非会員を問いません
     内容 樺太に関わる、研究・調査成果、思い出、慰霊訪問記、俳句・短歌など。
        (政治色の強い主張は受けられません)
     申込 本部事務局(担当清野)に問合せ下さい。
     期間 通年募集しています

樺太研究

     対象 会員・非会員を問いません
     内容 次に該当する場合は理事会の決定により奨励金を贈る
       ①樺太に関する研究を行い、その成果が顕著と認められるもの
       ②樺太に関する論文で優秀なもの
     申込 各都道府県の連盟支部長に研究成果が解るものを添えて申請下さい。
        在住地域の支部長への連絡方法は本部事務局にお問合せ下さい。
     期間 通年募集しています
     根拠 会員福利厚生対策要綱

会長メッセージ

樺太のQ&A

樺太略史(外務省資料引用)

樺太を知ってください
 ├ 地誌
 ├ 樺太の由来
 ├ 慰霊碑
 ├ 姉妹都市
 └ サハリン渡航と観光

映像アーカイブ
 ├ 語り部ビデオ
 ├ 墓参ビデオ
 └ 唄

資料アーカイブ
 ├ 樺連情報紙
 ├ 樺連情報目録データ
 ├ 保管図書・資料
 └ 樺太全図(郡別地図)

著作物・出版物
 ├ 会員著作物紹介
 │  ├ 樺太関係
 │  └ その他
 ├ 樺連出版物紹介
 │  ├ 樺太沿革・行政史
 │  ├ 樺太年表
 │  ├ 南樺太全図
 │  └ 樺太連盟史
 └ 樺太関連出版物紹介

事業の取り組み
 ├ 公益目的実施事業一覧
 └ 会員向け事業

樺連イベント
 ├ 樺太関係資料館_常設展紹介
 │  └ 樺太関係資料館のご案内
 ├ 樺太関係資料館_移動展案内
 │  └ 樺連ニュース(移動展の開催案内)
 └ 樺太記念祭・慰霊祭案内
    └ 慰霊祭

募集告知
 ├ 樺太研究
 ├ 樺連情報紙投稿
 ├ 故郷慰霊墓参団
 └ その他

樺連の概要
  ├ 目的
  ├ 歩み
  ├ 歴代会長・副会長
  ├ 組織
  ├ 役員名簿
  ├ 支部名簿
  └ 協調団体名簿

公開情報
  ├ 定款
  ├ 事業報告書
  ├ 収支計算書
  ├ 貸借対照表
  └ 事業計画書

入会案内
  └ 入会手続き、会費

アクセスマップ
  ├ 本部事務所
  └ 北海道事務所

リンク